【レビュー】800ルーメンの制圧用フラッシュライト SureFire G2X MaxVision

最終更新日

米Amazonより、SureFire G2X MaxVision (G2X MV)を購入してみました。

公式サイトのG2X MaxVisionはこちら

米国での発売は2017年10月24日。
公式サイトでのお値段は$109.00- となっています。

仕様

https://www.surefire.com/products/illumination/flashlights/g2x-maxvision/

明るさHi : 800ルーメン Low : 15ルーメン
照射時間Hi : 1.5時間 Low : 52時間
全長:12.3cm
ベゼル径:2.8cm
防水:IPX7
重量:110 g(電池含む)
使用電池:123A ×2本
米国製

G2X-MVは、日常使いのライトとしてももちろん使用できますが、制圧目的、護身用具としての特性が強め。できればそういう防犯用のライトも1本は準備しておきたい。

とかなんとか言ってますが、購入した1番の理由はかっこいいから。

点灯モードは、ハイとローのみ。ものすごーくシンプルな設定。
慌てて間違う事も無い。
スイッチもテールキャップスイッチのみとなっております。

開封

109ドルもする製品なのに、化粧箱ではなく、簡易なブリスターパッケージ。SUREFIREでは当たり前のようです。

しかし安っぽい感じはなく、むしろ質感の高いライトが丸見えなので、ゾクゾクします…

パッケージ裏
頑張って綺麗に開封してみました。

付属品はテスト用電池、ステッカー、説明書、広告…となっております。

SF123Aは、使用期限が10年。このライトの製造も2020年1月以降でしょうか。

ホルスターや予備のOリング、クリップなどの付属品は一切ありません。

G2X MVは、他のG2Xシリーズよりベゼル径や全長(ヘッド部分)が小さくなっていて、片手にスッキリ収まる良いサイズ感。 高性能がギュッと縮まった感じ。

ボディ外側は耐食性と耐久性に優れたハイインパクトポリマーボディ(Nitrolon polymer)で、薬品や傷に強く、寒冷地でも素手で握れるとのこと。
かなりカチカチの梨地仕上げの樹脂で、爪で引っかいたくらいでは傷つきません。成型も非常に綺麗で、ブラックロゴが両面にあり、どこから見てもカッコいい。

ヘッドは放熱性を重視したアルミ合金製、仕上げはMil-Spec Hard Anodized。

レンズ部分はポリカーボネート製で、耐衝撃性は一般的なガラスの250倍以上といわれます。発砲時の衝撃にも強く、レンズ径も小さくなって、少し奥まった位置にあるため、見た目にも強固さが伝わってきます。
表面の硬度はガラスに比べて低いので、傷には注意したいですね。

ムラがなく使いやすい

MaxVision Beam®は配光にスポットやムラがなく、全体的に明るい。非常に広い視野が確保できます。

左:SUREFIRE G2X MV、800ルーメン  右:FENIX UC35、1000ルーメン

(露出、シャッタースピード固定。距離約2.5メートル)

どちらも画像では暗くみえますが、直視しづらい明るさ。UC35の方はさすがに中央が白飛びしちゃってますが、G2X MVは色が判別できます。

2mも離れれば中央部分が白飛びしないので、適応範囲が広く、意外と普段使いにも対応します。

800ルーメンもいらない。という方にも是非1度使ってみて欲しい。

G2X MV 15ルーメン

15ルーメンのローモードでも、同じくムラが少なく、手元足元が非常に見やすい。
夜の散歩や巡回にうってつけのちょうどいい明るさで、暗闇に慣れた目にもやさしい光

G2X-MVは護身用にして、普段使いにはもっと明るさの設定がたくさんあるライトにしよう。と予定していたのですが、意外にも、この2種類の15ルーメン、800ルーメンという設定の使い勝手がとても良いです。

これ1本でほとんどの状況に対応できるな…

というのがしばらく使ってみた感想です。  ↓続きは次のページへ

充電池が使えます…

1 2

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする